修繕プラン 建物の資産価値を維持するための知識が豊富

マンションの区分所有者様が管理費とともに、毎月管理組合に対して共用部分の修繕工事を目的とする積立を行います。これが修繕積立金です。

修繕積立金には、何年に一度かの「外壁の補修工事」、「屋上防水工事」などの大規模修繕工事の費用が含まれます。管理組合は大規模修繕工事の長期修繕計画をたてて毎月一定額を積み立てる必要があります。

株式会社アイランド合人社サービスでは、建物の基本性能を維持するために20~30年程度の長期展望にたち、建物全体についてどのような修繕をいつ頃、どれくらいの周期で行っていけばよいか適切な長期修繕計画をたてます。

 

建物診断の実施

大規模修繕工事の時期及び内容を定める場合には、的確な調査・診断と適切な対処が維持保全のために重要です。

 

大規模修繕計画・資金計画(案)の作成

長期修繕計画は、あらかじめ耐久性が異なる各部分の修繕時期、修繕内容を体系的に設定し、計画的な維持管理を進めるうえでの指針となるものです。

・長期修繕計画 …今後25年間の長期修繕計画を作成します。
・定期的な見直し…管理組合のご要望に応じて計画を見直します。
・長期修繕契約の活用 …長期修繕計画に基づく資金計画の検討、修繕積立の見直しなどに役立てます。

 

大規模改修工事

マンション管理会社として、大規模改修工事の立案から建物・設備診断、設計、施工・監理、品質検査、アフターサービス、長期修繕計画の見直し、総会議案書の素案作成まで、一貫体制で大規模修繕工事を実現させます。

大規模修繕を成功させるキーポイント

 1.合意の形成  2.早期の資金計画  3.タイムスケジュールの作成  4.調査診断と改修設計
 5.工事範囲の決め方  6.施工業者の選定  7.工事管理(監理)と検査  8.アフター点検と対応

大規模改修工事